大阪から福岡 夜行バスの予約&実際に乗車した感想【オリオンバス】
新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、店舗や施設によっては営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけの際は公式HPなどで最新の情報をご確認ください。

お財布がピンチの時、遠距離を移動できるコスパ最強移動手段として知られる「夜行バス」ですが乗車したことがない人からすると「安い代わりに、狭くてしんどい」という印象があると思います。

そこで今回は筆者自身が福岡県に用事で向かうことになったので、どんな感じなのか実際に[大阪〜博多・小倉]行き、[博多・小倉〜大阪]行きの便に乗車したので備忘録ということで、夜行バスで大阪から福岡へ向かう方や博多・小倉から大阪へ向かう方は参考にしてみてください!

まずはオリオンバスの予約方法を知りたい!という方は別の記事で紹介しているのでもしよろしければご覧ください。

大阪〜小倉・博多までの所要時間

大阪駅から博多・小倉までの所要時間は約10時間となっており、出発する駅は「大阪駅桜橋口」「なんばOCAT」「USJ」の3箇所から出発し、今回乗車した便は大阪駅の桜橋口前から出発するバスに乗車し博多へ向かいました。

大阪府から出発するバス乗り場(3箇所)

大阪駅桜橋口 大阪バスのりば(エキマルシェ大阪高架下)

アクセス JR大阪駅桜橋口より徒歩 約3分

難波OCAT 2F(湊町バスターミナル)1・2・3番のりば

アクセス 大阪難波駅より徒歩 約5分

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ロータリー3番のりば

ユニバーサルシティ駅から徒歩 約10分

途中停車する休憩エリア(3箇所)

今回停車した休憩エリアは龍野西(たつのにし)SA[下り]、宮島(みやしま)SA[下り]、王司(おうじ)パーキングエリアの3カ所でした。

※途中停車する休憩エリアは乗車する便や日によって異なりますのでご注意ください。

龍野西SA(下り)[AM-00:00]

オリオンバスに乗ってまず初めに停車するのは兵庫県たつの市にある龍野西(たつのにし)SA[下り]です。このSAでは、午前0時でもお店は空いており、ここでの15分休憩の間に軽いお食事を済ませる方もいました。

このSAでは、地元播州の「揖保乃糸」そうめん・醤油等のお土産品を中心に関西各県のお土産がそこそこの量があり、関西のお土産ならギリギリここで買うことができます。慌ててバスに乗ってしまってお土産買うのを忘れた!という方はここでお土産を買うことができるので起きれるなら行っておきたいところです。

また、写真に「UCC」と書かれた看板が見えると思いますが、このお店はCAFÉ MERCADOというカフェで、兵庫工場焙煎され直送された鮮度の高い珈琲豆をこのお店で抽出し、販売していますのでコーヒーが好きな方は一度訪れてみてもいいかもしれません。

宮島SA(下り)[AM-02:50]

次に停車するのは広島県廿日市市(はつかいちし)にある宮島(みやしま)SA[下り]です。このSAでは、夜中の2時50分に到着し、この時間帯は車内のお客さんは就寝についている方が多く、降車する方は約5、6人程でした。

このSA内にはスターバックスコーヒーが独立して建てられており、テラス席もありましたが、営業時間は07:00~21:00ということで行くことができませんでした。

その他にも敷地内に公園があり、ペット専用の水飲み場などもありました。

明るい時間帯だと、ここでペットと一緒に休憩することもできるようです。

王司PA(下り)[AM-05:00]

そして、最後に停車したのが山口県下関市の中国自動車道上にある王司パーキングエリア。ここでは最後のトイレ休憩を行う場所なので降車する方は約10人程でさっき降りたSAよりは若干多いくらいでした。

フードエリアは7:00~20:00の間だけ営業しているということなので、この時間帯では食事をする事がないので、トイレ休憩や自動販売機で飲み物を購入するぐらいでした。

ここからは小倉・博多まで降車することはないので寝て待つだけです。

博多駅の到着の知らせ

到着する3〜5分前ぐらいになると到着のアナウンスが入りました。

この頃には博多駅のすぐ近くでした。

下の写真はアナウンスが流れた直後のバスの位置です。

HEARTSバスステーション博多(1F)到着(AM-06:30)

到着してすぐ目の前に通路があるので、ここを直進してロビーに向かいます。

ロビーにはトイレがあるので、ここで一旦休憩を挟んでから目的地へ向かうこともできます。ここに目の前に出入り口があるのでそこから出てください。

ここから出発するバスの時刻表モニターが置いてありました。ザ・ルイガンズホテル行きの無料シャトルバスが出ているみたいです。

朝6時30分と言うことでHEARTSバスステーション博多前は少し明るくなっていました。ここから博多駅までは徒歩3〜4分でアクセスは良好です。バスの良いところはついてからのアクセスが良好な所ですね。飛行機だと地下鉄に乗って博多駅に向かわなきゃいけないのでその分のお金も浮くので財布に優しいバスでの移動は個人的にはとても良かったです。

小倉・博多〜大阪までの所要時間

博多・小倉から大阪までの所要時間は約10時間となっており、出発する駅は「H EARTSバスステーション博多」・「小倉駅新幹線口バスターミナル(リーガロイヤルホテル小倉1F)」の2箇所から出発しています。

今回乗車した便は「HEARTSバスステーション博多」から出発するバスに乗車し大阪へ向かいました。

美東SA(上がり)[AM-00:00]

最初に停車したSAでここで福岡をはじめとした九州のお土産などを購入することができるのでお土産を買い逃した人はここで購入できます。

中はこんな感じでした。

博多からの乗客に向けてなのかはわかりませんが福岡のお土産がかなり多く並んでいました。

八幡PA(上がり)[AM-02:50]

ここでは主にトイレ休憩のために立ち寄る方が多く、コンビニが1軒営業していました。

三木SA(上がり)[AM-04:50]

ここまで来ると店内のお土産コーナーも関西のものばかりで、兵庫県の名産品などがここで手に入ります。

中はこんな感じです。

兵庫県は赤穂の天塩が有名でにがりを含んだあら塩です。

そのお塩が含まれた大福なのでお土産としてはいいかもしれません。

ちなみにこの塩を作成している海は兵庫県の海から作られてるのではなくオーストラリアの海水を塩田濃縮させて作っているらしいです。

神戸スイーツは関西のお土産を買っていくなら1つは買っといてもいいかもしれません。神戸ラスクも人気で食べたことありますがとてもおいしいです。

浅瀬橋PA[AM-05:30]

大阪にあるこの夜行バスでは最終の休憩ポイントになります。到着したらバタバタするのでここでトイレや歯磨きなどを済ませてもいいかもしれません。

朝6時45分と言うことで大阪駅の桜橋駅前の高架下から外側が見えると思いますが少し明るくなっていました。

ここから大阪駅までは徒歩3〜4分でアクセスは良好です。バスの良いところはついてからのアクセスが良好な所ですね。

飛行機だと関西空港もしくは伊丹空港だと到着後にまたバスに乗ったり電車に乗ったりして大阪駅に向かわなきゃいけないのでその分のお金も浮くので財布に優しいバスでの移動は個人的にはとても良かったです。

今回はオリオンバスの夜行バスを実際に利用してみた様子をお伝えしてみました。少しでも夜行バスに乗ることへの不安が解消されて、旅行の参考になれば幸いです。

※掲載情報は2022年1月12日公開時のものです。
現在の内容、プランや料金などが異なる場合がありますので、お出かけの際は必ず事前に公式サイト等で情報を再度ご確認ください。
オススメの記事【PR】
  1. TOP
  2. 交通ガイド
  3. バス
  4. 大阪から福岡 夜行バスの...