Lungage
[初心者向け]初めてのPeach!飛行機の乗り方や座席予約&荷物の預け方
新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、店舗や施設によっては営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけの際は公式HPなどで最新の情報をご確認ください。

お財布に優しいPeachの予約が完了し、いよいよ出発当日。初めて飛行機に乗るのがピーチだけど自動チェックインって簡単なの?機内に持ち運べる荷物の数制限は?何分前に空港に居ればいいの?など様々な疑問があると思います。

今回は特別にピーチアビエーションから特別に許可をいただけたので、疑問を解決するべく実際に筆者自らが関西国際空港から福岡空港までピーチアビエーションの飛行機を利用して向かったので予約方法や搭乗手続き、発着までの様子などをなるべく詳しく解説していきます。

ピーチアビエーションの予約方法

パソコンで予約する方の画面

Peach Aviation(ピーチアビエーション)の公式ホームページにアクセスします。

ページトップにある予約検索欄に自分が希望する条件を選択して当日乗る便の有無を検索する事ができるので全て選択して検索ボタンを押します。

スマートフォン・タブレット端末で予約する方の画面

スマホやタブレット端末の画面サイズによりますが、「フライト」「ホテル」「レンタカー」と3つのボタンがあるので「フライト」と書いている項目をタップして選択項目を開きます。

ピーチアビエーション公式アプリで予約する方

ピーチではiOSとAndroidの2種類のアプリを無料で提供しているのでアプリから予約してみてもいいかもしれません。

アプリでは、自分が予約したフライトが自動でメイン画面に表示され、予約の変更や、飛行機の運行状況などを簡単にチェックする事ができるのでオススメです。

アプリの場合は無料の会員登録をするとログインできるようになります。

次回ピーチを利用する際に自動で名前や住所登録ができるので予約の時間短縮にもつながるのでオススメです!

全ての選択が終わり検索ボタンを押すと、予約手続きができる画面が表示されるので30分以内に予約手続きを完了させる必要があります。

予約手続きの流れ

  • 「検索」→「フライト選択」→「お客様情報」→「座席・手荷物」→「追加オプション」→「最終確認」→「完了」の順に進めていきます。

30分が経過してしまうと最初からやり直しになってしまうので気をつけておきましょう。

ピーチアビエーションが就航する日本国内の空港リスト

都道府県空港名
北海道新千歳空港・女満別空港・釧路空港
宮城県仙台空港
新潟県新潟空港
東京都成田国際空港
愛知県中部国際空港
大阪府関西国際空港
福岡県福岡空港
長崎県長崎空港
大分県大分空港
宮崎県宮崎空港
鹿児島県鹿児島空港
奄美大島奄美空港
沖縄県那覇空港
石垣島新石垣空港(南ぬ島石垣空港)

2022年5月現在は全部で12の都道府県で計16箇所にピーチアビエーションが就航しています。

国内線では33路線で年々路線が広がってきています。

余談ですが、少し前は大阪の関西国際空港と愛媛県の松山空港を結ぶ路線があったので友達とたまーに遊びに行ったりしていたのですが、2020年3月28日に撤退してしまい現在では運行していないのでいつかまた復活してくれないかなぁ〜って期待してます。

予約確認書を必ず持っていくこと!

自宅を出発する前に確認しておきたいのが、予約確認書です。

スマホを持っている方は、予約した際に発行されたQRコードが映った画面をスクショしておけば大丈夫です。

自信が無い人は事前に印刷しておくと当日、スムーズな搭乗手続きが可能になります。

Peachで予約した際、登録したメールアドレス宛に「【Peach】予約内容のお知らせ」というメールがきているので印刷しておくとチェックイン時に機械にかざすだけでチケットが発行されます。

そもそもプリンターを持っていない方や印刷し忘れたという場合、スマートフォンやタブレットがあれば予約確認書のバーコードが映ったページをスクリーンショットなどで保存しておきましょう。

公式アプリの場合はさらにスムーズに表示できます。

いずれも難しい人は、予約時に発行される予約番号を控えておいてください。
予約番号かバーコードがあれば搭乗が可能になります。

超簡単!自動チェックインの使い方

ピーチ航空が就航している空港にはPeach専用エリアがあります。

ピンク色の自動チェックイン機が数台並んでいるので事前に予約した番号を使って手続きをしていきます。

チェックイン機の画面は縦に長いタッチパネル式の大画面で、指での操作が可能です。

モニター右下の「予約番号の入力はこちら」というボタンを押して予約した時に発行された予約番号を打ち込みます。

スマホでQRコードをスクリーンショットで保存してきたという方は画面操作をせず、モニターの下にある黒い枠の所に透明のガラスになってる部分がにQRコードの画面を当てると航空券が発行されます。

実際に発券してみましたが、とても簡単でした!

QRをかざすと、画面に持ち込み物の確認画面が出てくるので「OKボタン」を押すだけで発券されました。

発券されたチケットに搭乗時刻と座席の番号が表示されていました。

発券時間は決まってました

国内線は出発時間の90分前から30分前(関空と那覇空港は25分前)まで、国際線は出発時間の120分前から50分前までとなっています。

早く空港に到着しすぎたのでとりあえず発券だけ済ませておこうと思ったのですが、発券するのは90分前からと時間が決まっているようでした。

もしも出発時間の91分にチェックイン手続きを始めるとエラーの紙が出てくるので手続きの際は90分〜30分前以内かどうか確認して、一度ピーチのスタッフの方に聞いてみるのがいいと思います。

手荷物の個数や重量制限は?

「機内」手荷物

持ち込める荷物のサイズも3辺合計が115cm以内に制限されています。

ピーチ機内への持ち込み数は身の回りの品を含めて1人最大2個までとなっており、2つの荷物の重さが7キロを超えると受託手荷物で預けなければならないので当日余分にお金を払わなくてはいけません。

そうならないように事前に家で7キロ以内になるように調整しといたほうがいいかもです。
重さは、スーツケース本体の重さも込みで計ってください。

私の場合は体重計に乗せて6kg前後で調整して持って行ってます。

バックパックを背負ってトートバック、お土産屋さんで紙袋1つ増えたりすると3つ扱いになってしまうので2個に収納できるようお土産を買いすぎないように注意が必要です。

「受託」手荷物

ピーチでは1人あたりの個数制限は最大5個までとなっており、1つの手荷物の重さが20kg(最大32kg)で5つの合計が100kg以内に制限されています。

20kgを超えた場合、32kg以内の手荷物であれば別途で重量超過料金を支払う事で預ける事ができます。

大きさの制限は縦・横・高さの3辺の合計が203cm以内(キャスターやハンドルの長さも含む)となっています。

203cmを超えてしまうと手荷物が預けられないので事前に測っておきましょう。

機内持ち込み・お預けができないもの

種類品名
爆発物花火、クラッカーなど
発火性・引火性物質多量のマッチやライター燃料、キャンプ用ならびに家庭用ストーブ、アルコール度数が70度を超える液体など
高圧ガスコンロ用カセットボンベ、スポーツ用酸素スプレー、徐塵スプレーなど
有機物質殺虫剤、農薬など
腐食性物質液体バッテリー(電動車椅子用を除く)、加熱式弁当など
放射性物質アイソトープなど
磁性物質大型磁石など
酸化性物質漂白剤、瞬間冷却材 など
その他有害物質ホルマリンなど

基本的には可燃性のあるものが持ち込み禁止となっています。

整髪料や日焼け止めといった製品のスプレータイプも気圧により破損してしまう恐れがあるので禁止となっています。

ですが、機内への持ち込み、お預けができない品物は一定の条件下で機内持ち込み、お預けができるものがあります。

詳しくは公式ホームページより確認する事ができるので該当のものがあるか是非チェックしてみてください。

荷物を預ける方法(受託手荷物)

チケットを発券したら、荷物を機内へ預ける「受託手荷物」という大きな荷物を預けるために空港内の受付カウンターへ向かいます。

最初の受付では重量が計られます。
この時20kg以上だと超過料金が発生するので注意しておく必要があります。

計量が終わった後は受託手荷物の検査をする場所へ向かいスーツケース内を精密に検査する機械に通され、危険物がないかチェックされます。
とても厳重な手荷物チェックでした。

検査をクリアしたので受託手荷物は無事に預けることができました。
受託手荷物の検査が終わった後は、機内へ持ち込む手荷物検査場へ向かいます、

検査場では専用の四角い大きな容器がいくつも置いているので、必要な数だけレーンに並べて荷物を置きます。
実際に並べる際、4つに分けてレーンに並べる必要がありました。

  • お茶500ml(飲みかけ)1本
  • バックパック(リュック)
  • ノートパソコン
  • スマートフォン

検査機に通す時は精密機器などは鞄から取り出して、1つの容器に対して1つ入れて並べました。
カバンの中にたくさんの精密機器が入っていると何回も検査機に通す必要があるので、たくさん精密機器を持って行く方はなるべくカバンから出して検査レーンに並べておいたほうが良さそうです。

後は、ポケットにも何も入っていない状態で検査ゲートを通過して身体検査をすれば完了です。
ちなみに検査ゲートへは、腕時計は外さなくてもそのまま通過してOKでした。

手荷物チェックを通過した後できること

通過した後は出発するまで、お土産を買い忘れた方はショップがあるのでお買い物してみるのもいいかもしれません。

お土産を購入する際も手荷物は2個までにしなければならないので、無理やりでもいいので2個に納めないと受託手荷物行きになってしまうので気をつけてお買い物しましょう。

今回は関西国際空港を利用して福岡空港へ向かったのですが、関西空港のセキュリティチェック後の国内ゲートにはPeach SHOPがありました。

ショップには大阪名物や京都名物の抹茶菓子や兵庫の明石焼などパッケージがおしゃれな関西のお土産が置いてありました。

搭乗までの間は簡単な食事を済ませたり、トイレ休憩などして案内が来るまで待ちます。

待ちに待った機内への搭乗

搭乗時間になるとアナウンスが入り、機内後方の窓側の座席AもしくはFのお客様とそのお連れ様から順に搭乗し、次に通路側のCとD席のお客様が案内されていました。

その後は、機内前方の窓側席、通路側の席という順番で案内されます。

ピンク色の飛行機は流石にめちゃくちゃ写真映えするので写真を撮っている方もちらほら見かけしました。

他の航空会社にはない目立った色で可愛らしい印象です。

階段を備えた「タラップ」という車の階段を登って機内へ乗り込みます。

ここからは機内の様子を簡単にご紹介します。

機内に入ったらまずはスマホなどの通信機器は機内モード

スマートフォンやゲーム機など電波を発する機器は離陸前に「機内モード」に変更する必要があります。

機内モードは電話回線、Wi-Fi、GPS、Bluetoothといった通信を遮断する機能で、飛行機の離着陸で周囲の重要な機器に悪い影響を与えないようにするためです。

安全な離着陸の為にもしっかり持ってきた電子機器類は機内モードにしておきましょう。

機内の紹介

通路

座席は紫色の薄いレザー調のカバーで、座席番号は写真の左(窓側)から順にA・B・C、通路を挟んでD・E・Fという並びです。

離陸時は手荷物は頭上の荷物入れ、もしくは前の座席の下に荷物を入れる必要があるので、どちらかを必ず利用しましょう。

非常口付近の席に座る方は足元に荷物は置けないので、強制的に頭上に荷物を入れる必要があります。

座席

座席にはシートベルトがあるので、自分の座席に座ったらシートベルトを装着します。

実際に座ってみましたが、深く座席に腰をかけても膝が前の座席スレスレでした。
狭いですが、普通に座れます。

座席はあらかじめ約15度に傾けられていました。
リクライニングは最大で15度ですが、1時間ほどの短いフライトで寝ることはないので問題はありません。

もし、少しでも寝たいという方はネックピローやアイマスクなどの睡眠グッズを持って行くのをオススメします。

座席の右側には収納式のアームレスト(肘置き)がありました。

銀色のボタンを押すとロックが外れるので、収納する際はボタンを押しながら上に持ち上げるように収納します。

私の場合は、どうせ飛行機に乗るなら外の景色を楽しみたい派なので窓側の席が好きです。

窓側の席は外の様子を見ながらフライトを楽しむことができるのでオススメです!
格安で乗りたい方は、座席指定のお金すらもったいないという方もいるかと思います。(私もそうです)

座席指定じゃない場合、席は出発する日に発券するチケットを見るまでわからないので運次第です(笑)
AとFの座席に当たるように願っておきましょう。

ブラインドは自分の好きな位置で止めれました。

指定された座席に座ると両面に注意事項が書かれた「安全のしおり」とPeach機内のサービス案内表と旅のパンフレット、白い多目的用の紙袋が1枚ありました。

各座席の前には折りたたみ式の机があるので、飛行機に乗る前にショップで食事を購入した方や機内販売の物を食べる方は便利だと思います。

飛行機の離着陸の際は机は使用できません。
使用できるのは、頭上にあるシートベルト着用サインが消えている間だけ利用できます。

離陸

滑走路に出た飛行機は、ものすごい勢いで前進し空へ飛び出しました。

離陸する時はジェットコースターのような乗り物で感じるようなG(重力)がかかりましたが、離陸してしまえばGは無くなりました。

雨の日の飛行機は揺れる

搭乗した日は雨の日でしたが、運行状況には影響なく通常通りの時刻に出発しました。
ですが、地上から見た空は曇っていたので機体も雲の中へと進んでいきます。

その際に、機内のアナウンスで「乱れた気流の中に入って行くので機体が揺れる事がありますが、飛行機の安全性には影響ないのでご安心ください」と流れた後、数回だけ機体が揺れました。

滅多にありませんが、過去に乗った体験で気流が酷い日は機内のお客さんが叫ぶほど激しく揺れることもあります。

peachだから揺れるというわけではなく、全ての飛行機で起きる現象なので問題ありません。
飛行機は積乱雲(入道雲)をなるべく避けて通っているのですが、航路上どうしても避けられない雲も出てくるので揺れるようです。

例えで言うなら、デコボコ道を走っている車のような感じです。

まぁ、雨粒が常に浮いているぐらいの気流の中を通るので仕方ない事です。

雲を抜けてしまえば、雲の上は快晴なので当たり前ですが快晴でした。

着陸

飛行機は無事に福岡空港に着陸しました。

着陸後は、客室乗務員さんからの案内があるまで待機して機体前方の座席の方から順番に地上へ降ります。

空港内に入ったら、預けていた受託手荷物を取りに行くだけです。

専用のレーンから流れ出てくるので自分の物を取って空港を出ます。

さいごに

今回は関西国際空港から福岡空港までの便で約1時間のフライトでしたが快適な空の旅でした。

空飛ぶ電車が売りのピーチ、いつも利用させてもらってますがお財布に優しいのが最高。

安い時では片道¥3,000代〜乗れるので友達と格安旅行を検討している方は是非ピーチで行ってみてはいかがでしょうか。

※掲載情報は2022年9月7日公開時のものです。
現在の内容、プランや料金などが異なる場合がありますので、お出かけの際は必ず事前に公式サイト等で情報を再度ご確認ください。
オススメの記事【PR】

  1. TOP
  2. 乗り物
  3. 飛行機
  4. [初心者向け]初めてのP...