家のアイコンホーム 飛行機のアイコン乗り物 グッズ
*動画内の字幕をONにしてお楽しみください*
鹿児島⇔種子島|予約は必要?プリンセスわかさの乗り場&船内紹介

鹿児島県と種子島を結ぶコスモラインのフェリー「プリンセスわかさ」。

種子島に向かうための船は高速船のトッピーという片道約1時間の船もあるのですが、車も乗り入れできるカーフェリーの「プリンセスわかさ」に乗って向かいました。

初めてプリンセスわかさに乗って種子島に向かう方は「出港する時刻は?」「船内の様子は?」「乗り場はどこなの?」など気になるところが沢山あると思います。

今回は特別にコスモライン株式会社の方から特別に許可をいただけたので、簡単ではありますが船内の様子と、実際に船に乗ってみた感想を交えてご紹介します。

アクセス方法

電車で向かう方

路面電車 いづろ通駅より徒歩 約16分

バスで向かう方

高速船ターミナル(バス停)から徒歩 約6分

鹿児島中央駅から高速船ターミナルまでの所要時間は約18分で180円です。

鹿児島中央駅の5・6番乗り場から鹿児島交通 [26]唐湊線 鹿児島本港〔高速船ターミナル〕行きに乗れば高速船ターミナル(バス停)に到着します。

気をつけておくポイントは、高速船ターミナルへの直通バスは始発に乗らないと船に間に合いません

鹿児島中央駅からのバスは始発の朝6時50分のバスに乗らないと次のバスは8時40分なのでフェリー屋久島の船に乗り遅れてしまうので要注意。

南埠頭ターミナルの前にバス停があった

南埠頭旅客ターミナルの目の前に南埠頭(バス停)があるのですが、1日1本しか運行していない天文館(バス停)を15:53に出発して15:57に南埠頭(バス停)に到着するバスなので、プリンセスわかさに乗る方は関係なさそうです。

もしかしたら、南埠頭18:00発-西之表港21:40着のフェリーはいびすかす用のバス停だと思います。

車で向かう方

第5駐車場より徒歩 約3分

機内持ち込み料金

サーフボード1枚:520円
折りたたみ自転車1台:520円

種子島でサーフィンを楽しむ方は、サーフボードを持参するかと思いますが、特殊荷物扱いで1枚あたり520円が乗船料とは別でかかります。

現金のみの取扱いなので、折りたたみ自転車やサーフボードを持ち込む予定の方は現金を持って行くようにしてください。

プリンセスわかさの乗船料金

部屋タイプ大人子供
デラックスA 1室貸切料金・片道:8,000円
・往復:ー
デラックスB 1室貸切料金・片道:6,000円
・往復:ー
スタンダード (2等運賃)・片道:4,370円
・往復:7,930円
・片道:2,190円
・往復:3,970円
島発割引・片道:4,000円
・往復:7,520円
・片道:2,000円
・往復:3,760円
学生割引(窓口で学生証の提示が必要)・片道:3,560円
・往復:7,120円
各種障害者スタンダード・片道:2,340円
・往復:4,680円
・片道:1,170円
・往復:2,340円
各種障害者(介護)スタンダード ・片道:2,340円
・往復:4,680円
6枚回数券・片道:20,350円

デラックスタイプの部屋以外は全て同じ部屋です。

船内には客室A〜Dの4部屋とプロムナードラウンジがあります。

客室A・C・Dは座席で客室Bだけが椅子席です。

客室Aのみ身体障害者の優先席となっていました。

一般車両・貨物車の料金(運転手1名、車両料金込み)

  • ※()はバンカーサーチャージ料金で、上記の料金に含まれています。
  • ※運転手1名のスタンダード料金が含まれた値段で購入できます。

一般車両・貨物車

車両の長さ片道往復料金
3m未満13,050円(900円)24,890円(1,800円)
3m〜4m15,760円(1,200円)30,000円(2,400円)
4m〜5m19,520円(1,500円)37,240円(3,000円)
5m〜6m24,320円(1,800円)47,510円(3,600円)
6m〜7m33,320円(2,100円)65,080円(4,200円)
7m〜8m41,270円(2,400円)80,600円(4,800円)
8m〜9m47,120円(2,700円)92,020円(5,400円)
9m〜10m52,970円(3,000円)103,440円(6,000円)
10m〜11m58,820円(3,300円)114,860円(6,600円)
11m〜12m64,680円(3,600円)126,310円(7,200円)

車の長さの例

  • 軽自動車:3m40cm
  • 小型車:4m10cm
  • 中型車:4m80cm
  • ワンボックス車:4m80cm
  • 大型車:5m

一般自動車や貨物車は長さによって値段が異なるみたいです。

ワンボックスカーまでの大きさまでは4m〜5mなので、19,520円がかかります。

乗船料金にプラス15,150円すると乗り入れ可能になります。

バイクなどの2輪車

排気量(cc)片道
125cc以下5,540円(300円)
750cc未満6,580円(300円)
750cc以上7,630円(300円)

バイクなどの2輪車は排気量によって値段が異なっていて、

125cc以下のスクーターなら乗船料金にプラス1,170円で乗り入れが可能

750cc未満のネイキッドやスポーツバイクなら乗船料金にプラス2,210円で乗り入れが可能

となっています。

自転車

4,490円

自転車は乗船料金にプラス120円で乗り入れが可能になっています。

島を巡るには車でもいいですが、種子島には山があまりないので自転車でものんびり楽しめると思います。

車やバイクの乗り入れは出航時間の少し前から順に乗り入れが始まるので、それまでは専用の駐車場で待機になります。

乗船券の購入方法

南ふ頭旅客ターミナルという建物の中に受付があります。

建物の入り口から入ってすぐ右に受付がありました。

今回は種子島行きのフェリーなので、プリンセスわかさ切符をくださいと伝えると購入できます。

受付の方にチケットを購入したいと伝えると、近くにある専用の用紙に住所などを記入したものを受付で渡すように案内されました。

私は今回種子島行きだったので左にある用紙に記入して受付に提出しました。

一般の大人料金なので4,370円でした。

ちなみにこちらのチケットは船内に乗り込む時に乗船行にいるスタッフの方に渡すので最終的には手元からなくなってしまいます。

プリンセスわかさの予約方法

ネット予約は不可で、電話のみの予約受付でした。

船は当日の1時間前から乗船受付が開始されるので特に予約しなくても乗れるのですが、デラックスA・Bの部屋と15名以上が乗る場合は団体扱いになるので電話予約が必要です。

フェリープリンセスわかさ発券窓口・代理店

乗り場・旅客乗船窓口 コスモライン南埠頭窓口

電話番号099-226-0731(代、折田汽船株式会社)
住所鹿児島県鹿児島市本港新町6番 折田汽船株式会社 南埠頭フェリーターミナル内
営業時間8:00-17:00

乗り場・旅客乗船窓口 コスモライン西之表窓口

電話番号0997-22-1011
住所鹿児島県西之表市西町49番1号 旅客ターミナル内
営業時間11:30~14:00

車両・貨物 九商ポートサービス株式会社

電話番号099-222-8271
住所鹿児島県鹿児島市浜町35番5号
営業時間09:00~17:30(日・祝休み)

船の時刻表

鹿児島(南埠頭)発08:40→種子島(西之表港)着12:10種子島(西之表港)発14:00→鹿児島(南埠頭)着17:30

航海時間は片道約3時間30分。

プリンセスわかさは1日1往復のみ運行しているので、乗り遅れないように気をつける必要があります。

入港時間は気象・海象によって遅れることがあるそうです。

乗り場

乗船券を購入したら、ターミナルの外に出て専用の通路を進んで船が停泊している場所へ向かいます。

乗船口に繋がったタラップがあるので登って船に入ります。

それでは早速、船内をご紹介します!

プリンセスわかさ 船内紹介

2階 エントランスデッキ

2階のエントランスデッキは、乗船口の目の前に入り口がありました。

階段横には、エレベーターがありました。

1階から3階までを行き来できます。

旅客室D

プリンセスわかさの旅客室にはカーペットが敷かれた床が数カ所。

航海中は床の上で寝転んで過ごす感じですね。

各階には貸出用の枕が数個だけありました。

寝て過ごす方は、枕を使用するのもおすすめです!

3階 プロムナードデッキ

プロムナードデッキには広いホールがあり、案内所や喫煙室があります。

デラックスAやBの貸切部屋も3階のプロムナードデッキにあります。

プロムナードデッキのホールには現在地がリアルタイムで表示されたモニターが設置されていました。

船の速度なども表示されているので、今どの辺かなぁ〜と思った時に確認できます。

新聞も3冊ほど置いてありました。

プロムナードラウンジ

ちょっとした休憩スペースで、窓側に小さな机があるので景色を眺めながら過ごせます。

案内所

船に乗っている間、何か困ったことがあれば案内所で相談できます。

3階のホールにあるのでわかりやすい場所にありました。

喫煙室

喫煙所の中にも窓がついているので、景色を見ながら一服できますね。

旅客室B(椅子席)

客旅客室Bでは椅子が並べられていて、一番前に大きなモニターが付いていました。

テレビが流れているので、暇つぶしには丁度よさそうです( ´ω` )

旅客室C(座席)

旅客室Cは2階の旅客室Dと同じで床に座るタイプの部屋です。

私は今回、ここで航海中は過ごしました。

ハンガーもかかっていました。

羽織る物は壁に掛けられるので、座る前に掛けておけばシワにならずに済みますね!

トイレ

プロムナードデッキのホール付近にありました。

旅客室C方面を向かって左が女性用で、右が男性用でした。

多目的トイレもあったのですが、使用禁止になっていました。

自動販売機コーナーでは飲み物の他にもアイスクリームの自販機もありました。

電子レンジもあるので、事前に買っておいたコンビニで買ったおにぎりやお弁当も温めて食べれますね。

プリンセスわかさのネット環境を調べてみた

とりあえずPCを開いてWi-Fiを探してみましたがアクセスポイントは0でした。

Wi-Fi環境はないのですが、航海中はあまり圏外にはならなかったのでちょっとしたネットサーフィンはできました。

屋上階 スカイデッキ

屋上にあるスカイデッキにはベンチが4つ設置されていて、心地よい潮風を感じながら航海できます。

ベンチの上は多分ですが本来は屋根が付いていたっぽい白い骨組みのポールに覆われていました。

出発してから少し経ってからスカイデッキに来てみると、鹿児島が遠くの方に見えました。

鹿児島名物の活火山「桜島」の前も通過するので、滅多にありませんがタイミングによっては火山灰が降ってくる場合もあります。

出航から着港まで

08時40分 南埠頭 出航

8時40分ごろ、大きな汽笛を鳴らして定刻通りに船は出航しました。

10時00分 食料購入

出航してから少し経ってから、アイスとジュースを購入しました。

組み合わせは微妙でしたが、エネルギーチャージは完璧ですd( ̄  ̄)

10時50分 徐々に晴れてきた

乗船日は積乱雲が次々に発生して全国的に雨の時期で、鹿児島県も雨でした。

種子島だけはお昼ごろまで奇跡的に晴れるそうなので、種子島に近づくほど徐々に晴れてきました。

12時10分 種子島が見えた

船内アナウンスを聞いてスカイデッキに登ってみると種子島が見えました。

3時間30分の船旅もそろそろ終わりです。

12時18分 西之表港 着港

着港予定時間を約20分ほどオーバーしてしまいましたが、無事に西之表港に到着しました。

さいごに

今回はコスモラインのプリンセスわかさに乗船して鹿児島県から種子島まで向かいました。

私が今回種子島へ向かう間、海が荒れていたようで船がとても揺れて何回かトイレにお世話になったので三半規管が弱い人は、トイレの位置は必ず覚えておいてください!

片道3時間30分の大型のカーフェリーでしたが、他にも高速船のトッピーという船だと1時間ほどで鹿児島から種子島へ向かえます。

ちなみにそれぞれの片道料金は、プリンセスわかさが4,370円、高速船トッピーは10,300円です。

格安でのんびり航海を楽しみたい方はプリンセスわかさ、倍の値段だけど急ぎの人は高速船といった感じで好きな方に乗ってみてください!

これからプリンセスわかさに乗って種子島へ向かう方はお気をつけていってらっしゃいませ(*´ω`*)

※掲載情報は2022年11月24日公開時のものです。
映像や写真撮影は事前に特別な許可を得た上で今回の記事を制作しています。
新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、店舗や施設によっては営業時間などが変更になっている場合があります。
現在の内容、プランや料金などが異なる場合がありますので、お出かけの際は必ず事前に公式サイト等で情報を再度ご確認ください。

  1. TOP
  2. 乗り物
  3. 船・フェリー
  4. 鹿児島⇔種子島|予約は必...

^


ページTop