家のアイコンホーム 飛行機のアイコン乗り物 グッズ
種子島⇔屋久島|高速船トッピー&ロケットの時刻表は?予約&乗船方法

鹿児島県の鹿児島市と指宿市、種子島・屋久島を繋ぐ高速船。

鹿児島から屋久島までは約1時間35分ほどです。

通常のカーフェリーという車も乗り込める大型のフェリーもあるのですが、所要時間が約3時間45分と高速船の方が約2時間ほど早く到着します。

私は種子島の西之表港から高速船で出発して屋久島の宮之浦港まで乗船してみました。

初めて高速船トッピー&ロケットに乗船する方は「高速船の所要時間は?」「乗船料金はいくら?」「予約方法はどうやるの?」など様々な疑問があると思います。

今回は種子屋久高速船株式会社から特別に撮影許可を頂けたので船内の様子と、実際に船に乗ってみた感想を交えてご紹介します。

大型のカーフェリー’プリンセスわかさ’に乗ってみた様子は別の記事でご紹介しているのでぜひチェックしてみてください!

アクセス方法

高速船トッピー&ロケットは鹿児島県の鹿児島本港・指宿港、種子島の西之表港、屋久島の宮之浦港と4ヶ所から出港、着港しています。

鹿児島本港発

電車

路面電車 いづろ通駅から徒歩 約15分

鹿児島駅を出てから徒歩で約1分の場所にある鹿児島駅前駅から路面電車でいづろ通りへ向かいます。

乗車時間は約6分で170円でした。

バス

高速船ターミナル(バス停)から降車すぐ

鹿児島中央駅から高速船ターミナルまでの所要時間は約18分で160円です。

鹿児島中央駅の5・6番乗り場から鹿児島交通 [26]唐湊線 鹿児島本港〔高速船ターミナル〕行び乗れば高速船ターミナル(バス停)に到着します。

第5駐車場より徒歩 約4分

鹿児島指宿港発

電車

JR指宿駅から徒歩 約17分

JR鹿児島中央駅から指宿駅までは快速[指宿・枕崎線]で約1時間です。

バス

指宿港入口(バス停)から徒歩 約7分

JR指宿駅前にバス停があります。

指宿駅前(バス停)から指宿港入口(バス停)までは尾下・鰻・成川線(月・水・金)、開聞・徳光・成川線(火・木・土)の便で行けます。

種子島

西之表港(バス停)より降車すぐ

屋久島

宮之浦港(バス停)より徒歩 約1分

予約方法

ネット予約

ネット予約、電話での予約ができます。

ネット予約は公式サイトからできるので、パソコンやスマートフォンを持っている方にオススメです!

予約は、乗船2ヵ月前から前日までの受付が可能です。

▼種子屋久高速船公式サイト

https://www.tykousoku.jp

予約の流れ

1.条件入力

2.船便の選択

3.船便の確認

4.お客様情報入力

5.お客様情報確認

6.予約受付完了

予約完了までは6つのステップがあります。

流れに沿って必要事項を記入して予約を完了させましょう!

▼種子屋久高速船公式サイト

https://www.tykousoku.jp

電話予約

▼種子屋久高速船予約センター

0570-004015

営業時間

平日 9時00分〜17時30分

土日祝日 9時00分〜17時00分

乗船料金

航路大人小人
鹿児島⇔種子島■片道10,300円
★往復18,800円
■片道5,150円
★往復9,400円
鹿児島⇔屋久島■片道12,200円
★往復22,300円
■片道6,100円
★往復11,150円
鹿児島⇔指宿■片道3,500円
★往復6,300円
■片道1,750円
★往復3,150円
指宿⇔種子島■片道8,400円
★往復15,300円
■片道4,200円
★往復7,650円
指宿⇔屋久島■片道9,800円
★往復17,800円
■片道4,900円
★往復8,900円
種子島⇔屋久島■片道5,500円
★往復10,000円
■片道2,750円
★往復5,000円

往復でチケットを購入すると、大人は1800円・小人は800円お得になります。

トッピー&ロケットの時刻表&所要時間

航路
鹿児島⇔種子島直通:約1時間35分
指宿経由:約1時間50分
■鹿児島⇔屋久島(安房)
★鹿児島⇔屋久島(宮之浦)
■種子島経由:約3時間
★種子島経由:約2時間45分
★指宿経由:約2時間
鹿児島⇔指宿約45分
指宿⇔種子島直通:約1時間05分
屋久島経由:約2時間20分
指宿⇔屋久島(宮之浦)直通:約1時間15分
種子島経由:約2時間
■種子島⇔屋久島(安房)
★種子島⇔屋久島(宮之浦)
■約50分
★約50分

各航路にかかる所要時間を表にしてみました!

今回私は種子島から屋久島の宮之浦港へ向かったのですが、安房港でも所要時間は同じみたいですね。

出港時刻は毎年、毎月運休による本数の減少や臨時ダイヤで本数が増えることもあるので時刻が異なります。

新しい時刻表は公式ホームページを確認してください。

▼種子屋久高速船公式サイト 時刻表
https://www.tykousoku.jp/fare_time/

乗り場

  • 鹿児島本港
  • 鹿児島指宿港
  • 種子島西之表港
  • 屋久島宮之浦港
  • 屋久島安房港

トッピー&ロケットの発着場は全部で5つです。

私は今回、種子島から屋久島へ向かったので記事の後半にてご紹介します!

船内紹介

私が今回乗った船はロケット2という高速船です。

船内は1階と2階に分かれていました。

受付で予約する際、「1階と2階どちらの席をご希望ですか?」と希望されたので2階の席を選んでみました。

指定席料金などの制度はないので、当日、席に空きがあれば自分の好きな場所を選べます。

船内に階段があるので、2階席を予約した方は階段で2階へ登ります。

座席

今回乗船したロケット2は241席あります。

先頭にスーパーシートという特別席が4席あるので、お財布に余裕のある方は特別席を予約して乗るのもおすすめ( ´ ▽ ` )

私は普通席を予約しました。

座席の上には荷物を入れるスペースにはリュックサックなどの手荷物が入ります。

大きなスーツケースを持って乗船する方は、1階にあるスーツケース専用の荷物置き場に荷物を置いてから各席へ向かいます。

早速、座ってみることに。

足も伸ばせたので、広さは狭すぎず広すぎず丁度いい感じです。

右側にリクライニング可能な黒色のボタンが付いていました。

自分の好きな角度で調整できますが、少し傾く程度なので夜行バスのような深く倒す事はできません。

航海中は揺れるので、シートベルトの着用が義務付けられていました。

前の席の背面部分に収納式のテーブルがありました。

ペットボトルが差し込めるドリンクホルダーもありますが、くり抜かれていました。

スリムタイプのペットボトルなどはすり抜ける可能性があるので、物によっては注意が必要ですね。

高速船を乗る上でのルールや注意事項が書かれた安全のしおりと種子島・屋久島周辺で利用できる割引券などが入っていました。

半透明の黒いエチケット袋もありました。

透けないので、中に何が入っているか分かりづらくなっているのがいいですね!

座席の下には安全ジャケットがありました。

緊急時は座席の下にある安全ジャケットを着てスタッフの指示に従って行動します。

窓側の席限定ですが、カーテンが付いていました。

海の上は太陽光が水面に反射してさらに眩しいのでカーテンはありがたいですね。

可動式の肘置きもありました。航海中は降ろして船から降りる時に上げておくとスムーズな乗り降りができます。

自動販売機

船内の入り口付近、2階へ上がる階段の横に自動販売機がありました。

航海中は立ち上がれないので、出港前に購入しておく必要があります。

トイレ

1階・2階にトイレがあります。

今回乗船したロケット2には1階に3箇所、2階に1箇所ありました。

出航から着港まで

今回は種子島の西之表港から屋久島の宮之浦港へ向かいます。

宮之浦港行きの高速船が09:40の便しかなかったので朝1の便で出港することに。

出港までは西之表港の待合所で過ごしました。

09:30 乗船

屋久島行きの乗船アナウンスが流れたので外へ出てみると高速船が停泊していました。

チケットを乗務員の方に提示して船に乗ります。

座席番号は、頭上に書かれていました。

荷物を置いて席に座ります。

09:40 出港

西之表港を出港しました。

屋久島の宮之浦港までは片道約50分の船旅です。

乗っている間はエンジン音が響きわたり、船というよりは若干雲行きの怪しい飛行機に乗っているような感覚に近いです(笑)

10:06 船の速度を測ってみた

ネットで事前に調べた情報だと最高速度は時速80kmを超えると書かれていましたが、実際は時速74kmほどでした。

通常運行の場合は時速約75kmあたりのようです。

10:27 屋久島 宮之浦港 到着

屋久島は小雨が降っていました。

スピードはそこそこ出ていたものの、意外と大きく揺れることはありませんでした。

10:40 下船

1階で預けたスーツケースを取りに行き、船を降りました。

快適であっという間でした。

屋久島の宮之浦港では鹿児島行きの高速船に乗船する方による長蛇の列ができていました。

さいごに

今回はジェットフォイルのトッピー&ロケットのロケット2に乗船してみました。

実際に乗ってみた感想は、とにかく早くて快適でした。

料金はカーフェリーの倍はかかるのですが、やはり高速船は楽ですね( ´∀`)

これからトッピー&ロケットの乗って鹿児島から種子島や屋久島へ向かう方はくれぐれもお気をつけて行ってらっしゃいませ!

※掲載情報は2022年12月1日公開時のものです。
映像や写真撮影は事前に特別な許可を得た上で今回の記事を制作しています。
新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、店舗や施設によっては営業時間などが変更になっている場合があります。
現在の内容、プランや料金などが異なる場合がありますので、お出かけの際は必ず事前に公式サイト等で情報を再度ご確認ください。

  1. TOP
  2. 乗り物
  3. 船・フェリー
  4. 種子島⇔屋久島|高速船ト...

^


ページTop