【ダイソー】お出かけ時のオムツ収納にも!ピクニックバックの使い方
新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、店舗や施設によっては営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけの際は公式HPなどで最新の情報をご確認ください。

SNSで話題となり品薄状態のピクニックバック。
「収納・+コスパ」の良さが人気の理由で、遠出やちょっとしたお出かけをする際の家族でのランチバックとして使えたり、赤ちゃんを連れて行く際に必ず持っておいたほうがいいオムツバックとして利用されている方がとても多いです。

今回は、ダイソーのピクニックバックの大きさ比較や使い方などをご紹介します。

ピクニックバックの商品説明

  • 商品名:L+N ピクニックバッグ
  • バーコード:4549131701081
  • サイズ:39cm×23cm×13cm
  • 材質:(表地)ポリエステル60%、綿40%
       (裏地)ポリエステル100%
        コーティング:ポリエチレン
  • 価格:400円+税

ピクニックバッグの大きさはスプレーボトルと比較してみると大きさが分かるかと思います。

こちらのバッグは硬めに作られていて形が付きやすいです。
記事一番上の動画の00:00を見ていただけると分かりやすいと思います。

左が表地の材質で右が中の裏地の材質です。
表には綿が40%ほど使われていますが触った感触はザラザラしています。
確かに外で使うバッグがサラサラだとおかしいかも知れませんね。

右が裏地です。裏地はポリエステル100%で表裏全部グレーで統一されています。

デザインもシンプルで性別、年齢問わず使えます。

大きさが大きさなのでとても入りそうです。
中には特にこれといったポイントはありませんでした。

ということで中にどれくらいのものが入るのか実際に試して見ました。

ランチバックとして使用する場合

実際に用意したもの

  • ペットボトル:500ml 2本
  • 弁当バッグ(弁当箱入り):2個
  • ウェットティッシュ35枚入り:1個
  • レジャーシート:1枚
  • 日焼け止めクリーム:1個
  • ビニール袋:3枚

少しだけ隙間があるぐらいでこれでほぼ丁度でした。

弁当箱は弁当バッグに入れています。

外側のポケットは、すぐに使うウェットティッシュと日焼け止めクリームが本当にぴったりでした。
真ん中のポケットには小さくまとめたビニール袋が3つ入っています。

お弁当を食べる時、弁当バッグを触る前に手を拭きたいので外側のポケットはとてもありがたいですね。

次はお子様が居る時のオムツバッグとしての使い方を見ていきましょう!

オムツバックとして使用する場合

実際に用意したもの

  • オムツ袋を半分に切った物(オムツ:Mサイズ29枚入り)
  • 使い捨てオムツシート:10枚
  • ベビーオイル:1本
  • お尻ふき:2パック
  • スーパーの袋:3枚
  • ゴミ袋:1枚

まず一つ目にオムツを入れてみました。

この時点でいっぱいのように見えますが隙間が空いているのでそこには先ほど用意したものを入れてみました。

丁度入りました。

おむつのサイズにもよりますが、隙間を利用して詰め込めばかなり入ります。

オムツシートが縦向きでも入ったのが個人的に良かったです。

入れた後はファスナーがついているので蓋をすることで埃などを防ぐことができます。

そして気になる外側のポケットですがコチラのポケットも大きいのですぐにものを取り出す際などに使います。

先ほどバックの中に入れたベビーオイルを試しに入れて見ました。

ピクニック用と同じく見事にぴったり収まりました!お出かけ時はここにスプレータイプの消毒ボトルなども入れてあげるとすぐに使えるのでオススメです。

ベビーオイルボトルのお隣にはエチケット袋を2枚ほど入れて、一番端の大きいポケットにはお尻ふきを入れて見ました。

これもまた丁度すっぽり収まるタイプで、このために作られたのではないかというくらいフィットしていました。

深すぎず、丁度いい深さなので出し入れもスムーズにできました。

さいごに

今回はピクニックバックをご紹介しました。外側にはたくさんポケットがあって
ファスナー付きの蓋まであるので防犯面や中のものを落としたりするといったことがまずないので、1つあれば様々なバリエーションで活躍してくれるバックだと思います!

これだけ使い勝手がいいと人気の商品ということもあり、店舗にあまり置いていないということがチラホラあります。気になった方は、一度近くのダイソーショップに聞いてみてから向かった方がいいかと思います。

※掲載情報は2021年11月12日公開時のものです。

現在の内容、プランや料金などが異なる場合がありますので、お出かけの際は必ず事前に公式サイト等で情報を再度ご確認ください。
オススメの記事【PR】
  1. TOP
  2. トピックス
  3. ポーチ・バック
  4. 【ダイソー】お出かけ時の...