【ダイソー】100均ミニBBQグリル&インスタントコンロを試してみた
新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、店舗や施設によっては営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけの際は公式HPなどで最新の情報をご確認ください。

旅先でそもそもあまり人があまりいない自分だけが見つけた特別な場所ってBBQのレンタル所がなかったりするので事前に自分で用意して持っていかなければならないと思います。

ただ、持っていくのも大きすぎると使えないし1回持っていくだけの旅行で使い回しができたとしても価格的に高すぎるのものは比較的避けたいポイントだと思います。

そこで今回は、庶民の味方100円均一のダイソーで1000円で購入ができる格安のBBQ用のコンロと500円で購入できるさらに格安なインスタントコンロが売られてたので前半と後半に分けてご紹介します。

実際に使ったダイソーグッズ

  1. ターボ式着火ライター
  2. 固形燃料 Solid fuel
  3. 折りたたみポリタンク約3.5L(コック付)
  4. 3WAYキッチンバサミ
  5. ステンレス万能トング(30cm)
  6. 割らずに使える竹丸箸50膳(お箸)
  7. ペーパープレート約15cm30枚入(紙皿)
  8. ペーパーカップ 205mL・50個(紙コップ)

今回BBQで使ったダイソーグッズは、別の記事でまとめて紹介しているので気になる方は是非チェックしてみてください!

ダイソーミニBBQグリル

  1. 商品名:ミニBBQグリル
  2. バーコード:4573150333084
  3. サイズ:35cm×27cm×16cm
  4. 材質:本体 / スチール
       炭床 / スチール(亜鉛メッキ)
       焼網 / スチール(亜鉛メッキ)
  5. 価格:1,000円+税
  6. 重量:1.2㎏

パッケージを開けて中に入っていたものは、本体、炭床、焼網と本体を支える脚の部分が2本入っていました。

本体の側面には取手の部分と、左右には脚の部分を取り付けるための小さな穴が2箇所ずつ開いていました。

自立しますが小さな脚なので海などで使用すると砂が入りやすいのであまり向いていないかもしれません。

炭床は本体と炭の間に挟んで炭を燃えやすくする道具なので、炭を入れるときは、先に炭床を置いてその上に炭を置いて使用します。

使用後は、炭床の色は茶色く変色していました。

焼き網を入れる枠があるので、本体に炭を入れた後にスライドさせるように網を入れていきます。

BBQga終わった後の掃除を楽にするためにダイソーで売られているBBQ用のマルチホイルを敷いて炭を入れて火をつけました。

ダイソーの炭1袋を入れてみたらちょうどいい量でした!

薄切りのお肉や野菜は簡単に火が通り、普通に使えます!

厚めのお肉でも試してみたのですが、火力も問題なく美味しく焼けました!

炭さえあれば何回でも使用することができるので、長時間楽しみたい方は炭は2〜3袋を用意してみるといいかもしれません!

ミニBBQグリル超オススメです!

次は、着火剤も炭も入っている最速BBQセットをご紹介します!

インスタントミニコンロ

  1. 商品名:インスタントコンロ
  2. バーコード:4549131773132
  3. サイズ:約47.5cm×30cm×5.5cm
  4. 材質:本体[アルミ箔]
  5.    網、スタンド[鉄]
  6.    燃料[木炭]
  7. 価格:500円+税

インスタントミニコンロはパッケージに書いてある通り、これ1台あれば後は食べ物とライターだけですぐにBBQができてしまいます!

パッケージの中には、土台となる針金が入っていました。

針金の上に本体を置いて浮かせるようにして使います。

写真の右側で確認できると思いますが、アルミ製なので柔らかいので変な持ち方をするとすぐにバランスを崩して凹んでしまいます。

インスタントコンロなのですが、本体がアルミでできているということもあり、非常に柔らかいので真ん中の部分を手のひらで支えるように持った方がいいです。

本体の方は、鉄製の網が張られていて、中にはすでに着火剤が入っていました。

本来はめくり上げず、そのまま使うのですがどんなもが中に入っているのか確認してみたところ、油を吸い込んだギトギトの紙が入っていました。

当たり前ですが、触った後指がヌルヌルしました。

この紙に包まれた中にも何やら入っていたので破いてみました。

紙の中からは豆炭が出てきました。

用紙に火をつけた後、10〜20分程じっくり時間をかけて燃やし、炭に火を移して使用するといった形になります。

早速、火をつけて使ってみました。

まぁ、とんでもない火力です。

10〜15分程で着火した火が燃え尽きると書いていたのですが、結局20分ぐらいかかってようやく治りました。

待ち時間が長すぎて我慢できず豪炎の中にぶち込む方がいると思いますが、食べ物に火は通らず周りだけこげるといったことになるので大人しく待ちましょう。

炭と網までの距離が近いので、食べ物にはすぐ火が通りました。

だいぶ火が治ってから焼き始めたおですが、それでもウインナーは早くひっくり返さないと焦げるほどの火力でした。

40分ごろになると一気に火力が落ちるので目安は約1時間といったところではないかと思います。

それでも十分楽しめました!

片付けは、このままゴミ袋に入れるだけなのですごく簡単でした。

さいごに

今回はダイソーで売られているBBQコンロを2つご紹介しました。

長時間ゆっくり楽しみたい方はミニBBQグリル、後片付けが面倒でちょっとだけ楽しみたいという方はインスタントコンロを使うといった感じかなぁと思いました。

旅行に持っていって最安でBBQを楽しみたい方にはとってもオススメな商品です!

これからBBQをする予定を立てている方の参考になれば幸いです。

※掲載情報は2021年8月14日公開時のものです。

現在の内容、プランや料金などが異なる場合がありますので、お出かけの際は必ず事前に公式サイト等で情報を再度ご確認ください。
オススメの記事【PR】
  1. TOP
  2. トピックス
  3. キャンプ用品
  4. 【ダイソー】100均ミニ...