【ダイソー】固形燃料が使えるアルコールバーナー五徳を使用してみた
新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、店舗や施設によっては営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけの際は公式HPなどで最新の情報をご確認ください。

100円でかえるアルコールバーナー専用の3つの板が入った組み立て式のアルコールバーナー五徳。

固形燃料にも対応しているということもあり、サイズ感や収納時のコンパクトさに魅了されて買ってきました。

ポケットサイズで組み立てるのはお子様に任せて遊び感覚で組み立ててあげることもできるのもポイントです。

今回はアルコールバーナー五徳を実際に使用してみたのでご紹介します。

今回使ったダイソーのBBQグッズは、別の記事でまとめて紹介しているので気になる方は是非チェックしてみてください!

アルコールバーナー五徳

  1. 商品名:アルコールバーナー五徳
  2. バーコード:4549131862904
  3. サイズ:約22cm×30cm×8cm
  4. 材質:鉄(亜鉛めっき)
  5. 価格:100円+税

アルコールバーナー五徳は先ほどの折りたたみコンロとは違い、3枚の鉄板が入っています。

鉄板の端には3つの板を組み合わせるための溝があり、組み立てると鍋やクッカーが置けるようになります。

工夫するといいポイント

五徳は燃料置き場みたいなものがないので、燃料のロウが漏れて固まってしまう恐れがあります。

使用する際は下にシートや固形位燃料入れなどを敷いてから使う様にすると後片付けが便利なのでおすすめです!

五徳を使う際に気をつけておくこと

五徳の鉄板に注意書きが書かれたシールが貼られてあるので3枚全て剥がしてから使用するようにしましょう。

注意書きのシールを剥がさないと、引火して燃えたり有毒なガスが出る恐れがあるので気をつけておきましょう。

アルコールバーナー五徳はバーベキュー用ミニ鉄板と合わせて使うことにしました。

今回は、ダイソーで販売されている固形燃料を使って調理してみました。

手順としては、固形燃料に火をつけた後に五徳を置いてさらに五徳の上に鉄板を置きます。

鉄板を置いて熱してみたのですが、徐々に真ん中が黒ずんできました。

時間が経てば立つほど黒ずみの範囲は大きくなりますが、使用にあたっての問題点などはないので心配入りません。

実際に使用してみた

まず、アルミホイルを1枚折り畳んで地面に敷きます。

敷いたアルミホイルの上に固形燃料を置いて火をつけ五徳を置きます。

火のついた五徳の上にシーズニングが済んだ鉄板を敷く作業が必要になるので鉄板を購入した際に同封してあったリフターを使って鉄板を乗せていきます。

鉄板から5cmほど少しだけ油を入れて鉄板を覆いかぶさるぐらいの厚めの鳥もも肉を焼いてみました。

皮の部分はパリッと焼けたのですが固形燃料の力では流石に中まで火が通らなかったので、ナイフで一口サイズに薄く切って再度焼いてみました。

しばらく焼いてみたところ、中までしっかり火が通っていました。

あっという間に火が通ってこんがり美味しく焼けました!(塩で食べました)

実際に使ってみて気づいたこと

組み立てた五徳は高さが割とあったので固形燃料の可燃時間が1個約20分なのですが10分くらい立つと固形燃料の厚さが低くなるので鉄板に火が届かなくなってきました。

固形燃料を使うよりは同じくダイソーで売られているアルコールストーブを使用した方が理想の調理ができるかと思います。

使用後の3枚の五徳板は熱が当たった部分は黒く変色していましたが、とくに耐久性が悪くなったところはありませんでした。

黒く変色した箇所と変色していない箇所の境目も段差があったりするわけでもなく、使用前と同じサラサラとした質感でした。

さいごに

今回はアルコールバーナー五徳をご紹介しました。

実際に使ってみた感想としては、組み立て方法も簡単で十分使いやすかったです。

アルコールストーブがあれば鉄板焼きでも、メスティンで煮込み料理でも、スキレットでアヒージョなど様々な高火力料理が楽しめると思うので購入する際は固形燃料より、持続性のあるアルコールストーブと一緒に購入してみるのをお勧めします!

これから格安でミニキャンプを旅行などのお出かけ先でしてみたい!という方の参考になれば幸いです。

※掲載情報は2022年4月22日公開時のものです。

現在の内容、プランや料金などが異なる場合がありますので、お出かけの際は必ず事前に公式サイト等で情報を再度ご確認ください。
オススメの記事【PR】
  1. TOP
  2. トピックス
  3. キャンプ用品
  4. 【ダイソー】固形燃料が使...