【ダイソー】薪・炭OK!コンパクトなちょこっとストーブ使ってみた
新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、店舗や施設によっては営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけの際は公式HPなどで最新の情報をご確認ください。

ダイソーで300円で販売されているちょこっとストーブという商品。

もなかを割るように開けるだけで完成してしまう超コンパクトなストーブで使用時は薪、炭、固形燃料といったものが使用できるという優れものです。

安すぎるとすぐに壊れてしまうのではないか、熱による異臭なども気になる…という疑問を抱いてる方もいるかと思います。

今回は、実際に薪、炭、固形燃料それぞれを使ってちょこっとストーブを試してみたので早速ご紹介します!

ダイソーのBBQグッズは、別の記事でまとめて紹介しているので気になる方は是非チェックしてみてください!

固形燃料を扱う際の注意点

メタノールが主成分の固形燃料での直火焼きは大変危険です。
メタノール成分が食品に付着し摂取してしまう恐れがあるので絶対にやめておきましょう

ちょこっとストーブ

  • 商品名:ちょこっとストーブ
  • バーコード:4573150333077
  • サイズ:使用時【約7.7cm×10cm×5.5cm】、収納時【約7.7cm×10cm×2cm】
  • 材質:スチール(亜鉛メッキ)
  • 価格:330円+税

手軽に使えるポケットサイズのストーブで、固形燃料を入れると五徳として使うこともできる優れものです。

箱から取り出してみました。

取り出した状態は収納時なので小さくコンパクトです。

使用する際は、左右を掴んでパキッと割るような感じで折ります。

広げた時の角度が少し台形のような形になる状態と全開で広げた状態の2パターンありました。

どちらもカチッと角度が保持されるようになっていました。

固形燃料を置く場所の下には空白があるので排熱対策もできています。

今回は全開で広げた状態で同じくダイソーで売られているメスティンを使ってご飯を炊いてみました。

ちょこっとストーブの上に乗せると数センチだけ浮くような感じになっています。

実際にご飯1合(180g)と水(200g)を入れてご飯を炊いていきます。

実際に使ってみた

エタノール固形燃料

実際に火をつけて調理を開始してみました。

今回メスティンで作る1合の炊飯調理なのですが、固形燃料に火を付けたら後は火が消えるまで放置します。

火が消えたらメスティンの上下をひっくり返して15分間蒸らします。

お米の汁が漏れて焦げてしまいましたが後で水で洗ったら綺麗に取れました。

蓋を開けてみるとふっくらご飯が炊けていました。

温湯にできるか心配でしたが、想像以上に綺麗に仕上がっていたので驚きました。

食べてみた感想は、とても美味しかったです。

お箸を使って半分取り除いてみました。

底の部分はほんの気持ち程度ですが色が変わっていました。

焦げ付きを心配しましたが、全然大丈夫でした。

炊き込みご飯などをすると良い感じにおこげができて美味しいと思います。

炭(木炭)

木炭はダイソーでも販売されていますが、元々持っていたホームセンターで購入した物を使用しました。

炭の熱は別の場所で温めておいたものを使用します。

炭1つでも十分熱が伝わってきてストーブには持ってこいでした。

せっかくなので、熱した炭の上にメスティンを置いて250mの水を入れてお湯を沸かしてみました。

ちょこっとストーブに入れる炭は大きい面積のものを1個入れました。

細々としたものを入れるのもいいのですが、冷めてすぐに灰になってしまうと思ったより燃焼時間が速まってしまうこともあるのでじっくり楽しみたい方は大きい炭を1つ入れるのがポイントです。

蓋をしてから約20分ほど経った頃に蓋を開けてみました。

そこの部分もフツフツ気泡が上がっていて、控えめではありますが程よく沸騰していました。

お湯が沸く前に日清食品のチキンラーメンと粉末タイプのココアを用意してみました。

紙コップに入れてラーメンにお湯を注ぐ際は麺がちょうど浸るぐらいまで入れるとちょうどいいです。

お湯を注いでから約2分ほどで食べれるようになります。

ミニサイズなので1回啜ったら入っていた麺の9割を食べ切ってしまいました笑

体の小さなお子様にはちょうどいい大きさだと思います。

チキンラーメンは通常サイズのものも売っていますが、旅行に持っていく際にも嬉しいコンパクトサイズのチキンラーメンMiniを購入してみました。

ダイソーのメスティン(1合用)に入れて持っていく方は、袋のまま2つ入れて持ち運べます。

開封後も紙コップの中にすっぽり入るので旅先で楽みたい方におすすめです!

ダイソーのメスティンについては別の記事で詳しくご紹介していますので気になった方は是非チェックしてみてください!

最後にご紹介するのは薪を使った焚き火のご紹介です。

木の種類はなんでもいいのですが、長持ちするのは一般的な薪ストーブや暖炉で使う広葉樹のナラの木が一番よく燃えて長持ちします。

私が今回使った木なのですが実家で飼っている猫の休憩棚として当時使っていたものがいつの間にか猫が高台から飛び降りた先の着地地点となっておりました。

そしてつい先日、体もすくすく大きくなった猫が飛び乗りついに破壊してしまった際に出た廃材を使っています。(何の木かわかりません)

着火する際は、ティッシュペーパーなどを少しちぎって入れると着火しやすくなるのでおすすめです!

軽い木を使う際は、軍手に引っかかってしまう恐れがあるので気をつけておきましょう。

簡単キャンプファイヤーの出来上がりです。

ちょこっとストーブとしての本来の姿が見えたような気がしました。

薪を燃やした後、燃え尽きた木を捨てて冷ましたちょこっとストーブの様子を見てみました。

やはり焚き火のような高火力によって本体が黒く焼けてしまいました。

亜鉛メッキでできた商品はどんなものでも黒く変色するので仕方ないと思います。

ですが、機能面では大きな不具合等はみられず若干収納する時の折りたたみが鈍くなりましたが、何回か折りたたみを繰り返していると動きも元に戻ったので特に問題はありませんでした。

さいごに

今回はちょこっとストーブをご紹介しました。

ダイソーグッズで様々な燃料を使った方法を試して分かったことは、焚き火をすると使用できる回数が一気に少なくなる恐れがあるので、無難にエタノールを含んだ固形燃料を使うと長く使えて便利だと思います。

消して焚き火で使えないということはないので、今回実際にやってみた内容を参考にチャレンジしてみるのもいいかと思います。

これから格安でミニBBQを楽しみたいという方の参考になれば幸いです。

※掲載情報は2022年2月12日公開時のものです。

現在の内容、プランや料金などが異なる場合がありますので、お出かけの際は必ず事前に公式サイト等で情報を再度ご確認ください。
オススメの記事【PR】
  1. TOP
  2. トピックス
  3. キャンプ用品
  4. 【ダイソー】薪・炭OK!...