Lungage
【ダイソー】500円のビット収納付き工具箱を釣具箱として使ってみた
新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、店舗や施設によっては営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけの際は公式HPなどで最新の情報をご確認ください。

ダイソーで釣具を買ってみたものの、収納するボックスがなければ持ち運びが不便になります。

どうせならたくさんの釣りグッズを持って釣り場へ向かいたいと思うので店内を散策していたところ、工具箱が目に入りました。

値段は500円で、ちょうどいいサイズの収納箱でしかも、側面に3つの蓋付きポケットがあるのでこれは良い!と思い購入してみることにしました。

購入してみたは良いものの、どれくらいのものが入るのかがわからないですよね。

そこで今回は、実際にどれくらい入るのかを私自身も知りたかったのでダイソーで購入した釣りグッズを入れてみて検証してみました。

それでは早速ご紹介します!

ビット収納付き工具箱

  • 商品名:ビット収納付き工具箱
  • バーコード:4549892508011
  • サイズ:外寸【約34cm×13cm×18cm】,内寸・深さ BOX【約7.5cm】(※mitemil調べ),上トレイ【約2.2cm】(※mitemil調べ)
  • 材質:ポリプロピレン
  • 価格:500円+税

本来なら、DIYや日曜大工をする方の工具を入れるボックスなのですが、釣り道具入れとして使ってみることにしました。

工具箱の上部分には3つの小さい蓋付き収納がありました。

半透明の蓋は全て取り外しができるので汚れた時などは掃除しやすいのが良いですね。

左右の収納できる所には小さな仕切りが2つ付いていて、サルカンや錘などすぐに取り出すようなアイテムを入れることができます。

両サイドの収納ケースのサイズ

両サイドの収納ケースを測ってみた所、中の上にある2つの枠それぞれのサイズは、縦3.2cm・横4.6cm、下にある横に長い枠は縦3.8cm・横9.3cmとなっていました。

ダイソーで売られているナス型の錘(6号)も入りました。

メタルバイブやマイクロジグなども入ったので、ちょっとしたルアーケースにもなります。

サイドケースは取り外しができる!

両サイドの収納ケースはスライドして取り外せるので良いですね。

釣り具箱を持っていけないような足場の悪いテトラの上や岩の上で釣りをする方は、両サイドの収納ケースを取り外してズボンのポケットなどに入れておくと、その場で仕掛けをスムーズに変えたりできますね。

正面にあった収納の蓋を開けてみたのですが、ダイソーで購入した釣り糸を切るための握りバサミが丁度すっぽり入りました。

釣りをする時は、すぐに取り出して使うことも多いので最高です。
むしろ、握り握りバサミを入れることを考慮して作ったのではないかと疑うほど良い感じです。

蓋を開けると上の段に浅めの取手付きトレイがありました。

上の段には釣りで使う工具などを入れようかと思います。

トレイの端には265mmまで測れるメモリが付いていました。

釣った魚が26.5cm以内のサイズであれば測ることができます。

深さは約7.5cmで、ちょっとした釣りアイテムなら入りそうな感じです。

今回購入したダイソーの工具箱よりも2回りくらい小さい物も販売されていたのですが、あまり小さすぎると釣りグッズがあまり入らないのではないかなぁと思い一番大きい500円の工具箱をチョイスしました。

初めて小さいお子様と一緒に釣りに行く!という時に子供にも持たせてあげたいなぁ〜という方は小さいものを買って一緒に釣りセットを作るのもアリかと思います。

実際に入れてみた

全てダイソーで購入できる物を入れてみることにしました。

  1. サビキ釣り仕掛け×3
  2. ジグサビキ×2
  3. 投げ釣り仕掛け×2
  4. サルカンケース×3
  5. ガン玉×1
  6. ハリス×1
  7. 握りバサミ×1
  8. エギ×10
  9. ロケット天秤×1
  10. サビキ浮き×1
  11. メジャー×1
  12. フィッシュグリップ×1
  13. スプリットリングプライヤー×1
  14. フィッシングプライヤー×1
  15. モンキーレンチ×1
  16. 魚つかみ×1
  17. リボロス収納ケース×1

合計32個のアイテムは仕掛け類は下段で工具類を上段に入れてみました。

ギリギリでしたがしっかり収納できました。

イカ釣りのシーズンは冬から春にかけての産卵シーズンが釣りどきなので、一緒に入れなくてもエギだけ別の専用ケースみたいなものを作って保管しておくのも良いかと思います。

エギの部分が空けば、その分さらにグッズを入れることができると思います。

エギ10本を取り出すと、ダイソーで売られているリボロスの収納ケースが2つ入るので川と海でルアーケースを使い分けたいという方にもオススメです!

さいごに

今回はビット収納付き工具箱を釣具箱として使ってみたのですが、なかなかいい感じでした。

釣具を入れてみた感想としては、意外とたくさん入ったなぁ〜といった印象です。

釣具はダイソーのもので全て揃えましたが、他社の工具や釣具を入れてみるとまた違った収納率になるので注意が必要です。

釣具入れとして購入すると意外と値段が張ってしまうので、500円で購入できるのでダイソーに立ち寄った際はぜひ手に取ってみて検討してみてください。

※掲載情報は2022年8月11日公開時のものです。

現在の内容、プランや料金などが異なる場合がありますので、お出かけの際は必ず事前に公式サイト等で情報を再度ご確認ください。
オススメの記事【PR】

  1. TOP
  2. トピックス
  3. 容器・ケース
  4. 【ダイソー】500円のビ...